スポンサーリンク

【 I’m not here to fuck spiders の意味】ネイティブが使う日常英語!

英語

I’m not here to fuck spiders
当たり前だろ、遊びじゃねーんだよ、本気です

 というニュアンスの意味です。

 こちらはオーストラリアのスラングで主に2つのニュアンス
 ①時間を無駄にする暇はなく、やるべきことがある
 ②明確な目標や目的があって宣誓のニュアンス

があります。

 答えるまでもなく明白な質問に対して使ったり
 自分の本気度を伝えるために使うみたいです。 
 それではさっそく例文をどうぞ!

発音がネイティブレベルになるオススメ教本↓

スポンサーリンク

例文

①(試合前のコーチと選手の会話)
 Do you think we can win the game?
 Well I am not here to Fuck Spiders.
「コーチ、、僕たちは試合に勝てると思いますか?」
当たり前だ、俺らは絶対に勝つ

②(友達と飲み屋に来て)
 Do you want to get a beer?
Well I’m not here to Fuck Spiders.
 「ビール欲しい?」
 「ここに何しに来たと思ってんだよ(笑)答えるまでもないぜ

③(ボスと商談に来ている会社にて)
 Boss! Look at this!!
Mike, we’renot here to Fuck Spiders, get back to it.
「ボス、これ見てくださいよ!」
「マイク、、遊びに来たんじゃないんだ、真剣にやれ」

(注)意訳を心がけました。ということでまとめに入ります。今回の英語フレーズは

I’m not here to fuck spiders
当たり前だろ、遊びじゃねーんだよ、本気です

 で主に2つのニュアンス
 ①時間を無駄にする暇はなく、やるべきことがある
 ②明確な目標や目的があって宣誓のニュアンス
がありましたね!

答えるまでもなく明白な質問に対してや、自分の本気度を伝えたいときに使ってみてください

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました