スポンサーリンク

セクストーションは無視?その後どうなるのかメールやライン含めて解説!

未分類

 近年メールやラインなどのアプリで男性を脅す「セクストーション」という詐欺が横行しています。今回の記事ではそんな「セクストーション」の実態、予防、事後対策などを徹底解説します

スポンサーリンク

セクストーションとは?

「セクストーション」は「sex(性的な)」と「extortion(ゆすり、恐喝)」を組み合わせた造語。性的な場面を録画しした、などと事実でないことを根拠として恐喝しようとすることから、「偽セクストーションメール」と呼ぶ。

引用: 「あなたの卑猥なシーンを録画しました。ビットコインを送金してください」、偽セクストーションメールの手口をIPAが動画で解説 (https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1349699.html)

 上記引用からもわかる通り、セクストーションとは男性をターゲットとして、ターゲットの卑猥な画像や動画を拡散されたくなければお金を払えという恐喝、詐欺のことを指します。
 実際巧妙な手口かつ自身の生活が脅かされることもあるため、警察に相談せずに泣き寝入りをしてお金を支払う人も多数というのが現状です。

 セクストーションは大きくわけると下記の2パターンがあると思われます。

根拠のない恐喝

 メールなどでいきなり

「お前のスマホをハッキングして卑猥な画像や動画を入手した。拡散されたくなければお金を払え」

 と送られてきて相手を脅すもの。これに関してはその他の詐欺と同じで「全く根拠のないデタラメ」のため徹底的にメールを無視すればOKです。

 少しでも返信をしたりするとカモとみなされて、その後も次々とメールも来てしまうので反応をしないようにしましょう。

根拠のある恐喝

 近年特に流行っているのがこちらのパターンのセクストーションです。マッチングアプリやチャットアプリ、その他にもインスタやツイッターなどのSNSで知り合った女性と仲良くなり、ラインなどのビデオ通話で卑猥なやり取りをした時に、画面録画されていてそれをネタに脅されます。

 この場合は一つ目のパターンと違って、実際に自分の卑猥な画像や動画を相手に取られているため、対応に困ると思います。今回はこちらを中心に実態や予防、事後対策を紹介します。

スポンサーリンク

セクストーションの流れ

 先ほど紹介した一番危険な根拠のある恐喝であるセクストーションの実態、流れを記載します。

①SNS(チャットアプリ、マッチングアプリ、インスタ、Twitterなど)で知り合った女性から、ラインなどビデオ通話ができるアプリで電話をしたいと言われる。

②その後ビデオ通話において相手が全裸など卑猥な部位や行為を見せてくる
 (ここで他の専用アプリをダウンロートして欲しいと言われることもあります)

③相手に懇願され、こちらも卑猥な部位や行為を見せると後にその映像をネタに脅される。

④自分のインスタのフォロワーや自分のスマホの連絡先が相手に奪われていると、その知人たちに写真や動画を拡散される可能性があるため泣き寝入りをして支払う人もいる。

 色々なパターンがありますが、基本はこの流れです。特に大事なのが③で、ここで自分の顔や卑猥な部分を相手に見せてしまうと、恐喝のネタを提供してしまうことになります。

スポンサーリンク

予防法

 では、こういったセクストーションに引っかからないためにはどうすれば良いのでしょうか。

 一つ目は見知らぬ女性とビデオ通話、特に卑猥なビデオ通話はしないということです。女性からそういった内容のビデオ通話を求めてきた場合は、100%詐欺でセクストーションです。
 こういった機会があった場合は、絶対に自分の顔や卑猥な部分は映さないようにしましょう。

 二つ目は相手が送って来たURLをクリックしたり、相手が指定するアプリなどをインストールしないことです。これをすることでスマホがウイルスに感染して、連絡帳に登録している連絡先やスマホ内にある写真を全て相手に奪われてしまいます。
 この場合、自分だけでなく他の知人にも迷惑がかかるので、絶対に相手の言う通りにしないようにしましょう。

スポンサーリンク

事後対策は無視?

 では、実際にセクストーションに引っかかってしまった場合はどうすべきなのでしょうか?基本的に相手はお金を奪えると思ったターゲットに執着します。そのため無視をし続けて自分からはお金を引き出せないし、時間をかけても無駄な存在だと思わせたらOKです。
 それぞれできる対策を順番に紹介します。

完全無視してブロック

 まず絶対にすべきなのが無視です。こちらが動揺している様子を見せると、相手もお金を取れると思って脅してきます。また、一度支払っても追加でまた脅されて支払うことになるので、お金は絶対に支払わずに、相手と連絡していたアカウント(インスタやラインなど)は全てブロックして無視し、そのアカウントを消せるのなら消しましょう。
 とにかく相手からこちらへの連絡手段を完全に断つことが有効です。

機内モードにする

 電話番号が相手にバレている場合はその後すぐにスマホを機内モードにしましょう。機内モードにしていないと相手が電話をかけた時に相手のスマホに呼び出し音が鳴り、あなたのスマホは電話がまだ繋がると期待されます。

 しかし、機内モードにしていると相手側には「電波の届かない場所か、電源を切って・・・ 」と鳴り、相手もこちらが電話番号を捨てたか変えたかと思ってもらえます。

 なので、しばらくはスマホはずっと機内モードにしておき、必要な時だけ機内モードを解いて5Gなどのキャリア回線を使いましょう。ちなみにキャリア回線に繋いだら、機内モード中にあった着信履歴は確認できます。(キャリア回線に繋いでいる時に電話がかかるといけないので、夜遅くや朝方にチェックするか、繋いでも一瞬にしましょう。)

検索ブロック

 相手が送ったURLをクリックしたり、指定したアプリを入れたりして相手に電話番号がバレている場合、その電話番号で登録しているアカウントを全て「電話番号で検索できない設定」をしましょう。

 ライン、ツイッター、インスタなどなど、電話番号を使って登録しているアカウントは沢山あると思います。もし、それらのアカウントを電話番号検索で特定されてしまうと、そちらのDMでも脅迫のメッセージがきます。(そのフォロワーからさらに知人に拡散される場合も)この場合、前述の徹底無視が貫けないので、すぐに全てのSNSアプリでアカウントが電話番号検索されないように設定しましょう。

非通知電話、SMSを拒否

 こちらも前述と同様ですが電話番号がバレていた場合、電話やSMS(ショートメッセージ)を使って恐喝をしてくる場合があります。こちらも完全に無視が良いので、機内モードにした上で知らない番号からの電話やSMSは届かないように設定をしましょう。

知人全員に連絡

 もし不正なウイルスによってあなたがスマホに登録している連絡先が相手に奪われていた場合、その人たちに連絡が行くことがあります。具体的には「あなたの友人(息子、父親etc.)の卑猥な画像を持っている。(添付参照)拡散されたくなければお金を払わせろ」といった感じです。
 もしこれらに反応してしまう知人がいると相手もお金が奪えると期待するので、セクストーションに引っかかったと説明はしなくても良いので、「スマホがウイルスに感染して連絡先が奪われました。非通知の電話やSMSが来るかもしれないませんがクリックもせずに無視をして欲しいです。申し訳ございません。」と連絡先に登録していた方たちにメールやラインで連絡を入れましょう。

スポンサーリンク

実際に拡散・晒される?

 実際にセクストーション被害に合い、卑猥な画像や動画、さらには知人や家族の連絡先を奪われて脅された場合、その後に前述の方法で無視をし続けたらどうなるのでしょうか。主に以下のパターンが考えられます。

・誰にも拡散されずに無事に逃げ切れる(実例あり)
 →相手も暇ではないので、あなたからお金が取れないと判断した場合はすぐに次のターゲットを探します。そのため拡散もされずに逃げ切れることもあります。これが一番良いパターンです。

・知人や家族へ電話がいく(実例あり)
 →これは本人が連絡が取れない故に知人や家族からお金を取ろうとしているパターン。前述の通り無視するようにお願いをすると良いです。

・SMSやラインで動画が知人や家族に拡散 (実例あり)
 →スマホに登録していた連絡先を奪われた場合、SMS(ショートメッセージ)やラインで動画を知人や家族に拡散される場合があります。お金を支払わないことに対する報復です。そのような報告があった場合は、正直にウイルス感染をされて被害を受けたと説明して謝罪しましょう。一時の恥だけで済みます。

・ダークウェブ上で拡散される (可能性あり)
 →ネット上で知人たちに拡散をされなくても、動画や連絡先が裏取引などが行われているダークウェブ上で知らないうちに載せられている能性はあります。
 →この場合は対処しようがないので放置、何か問題があれば警察や弁護士に相談です。

スポンサーリンク

まとめ 

 セクストーションに引っかかった場合は、その後とにかく徹底的に無視をして、相手から自分への連絡手段(ライン、メール含む)を全て遮断することが大事です。
 そして、その後に奪われた連絡先の方たちへ事情を説明して、その方たちにも完全無視をしてもらいましょう。
 絶対にお金は支払わないようにしてくださいね!

*実際の体験談を募集しています。被害者を減らすために記事に反映したいので気軽にコメントで教えてください!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました