スポンサーリンク

【THE FIRST レオが合格した理由】長所と短所をまとめて解説!

THE FIRST/BE:FIRST

オーディション番組THE FIRST (ザファースト) でレオ(上村礼王)が合格した理由、もし脱落していたら、どういった理由が考えられたのかを解説!

スポンサーリンク

レオの強み(合格した理由)

最終審査評価

SKY-HIのコメントを抜粋してまとめました↓

・One for All 精神
・常にチームを良くしようと考えチームを良くする
・グループとして高みに上ることを諦めない心
・その中で自分を消してしまわない強さ
・周りに向ける愛情の懐の広さと数の多さ

安定感

レオの強みとして安定感があると思います。ダンスも歌のスキルも安定して高い位置をキープしていて、レオがいるチームのパフォーマンスはある程度のクオリティが担保されると言っても過言ではないでしょう。実際にSKY-HIも

SKY-HI「色気、雰囲気があって、表情も体の動きも全てが素敵」
SKY-HI「このチームの中心は俺なんだと伝わる」

と絶賛しています。 (↓動画レオの位置から始まります)

人柄の良さ

 またレオは人柄の良さ、リーダーシップも評価されています。実際に合宿第1次審査でも、チームAの空気を良くした上で、さらに上のクオリティを求めるよう鼓舞し続けていました。

 このような人柄、リーダー性のあるメンバーはグループには必ず一人は必要なのではないでしょうか?

スポンサーリンク

レオの弱み

歌唱力

 レオは歌唱力が高いと評価されつつも、アクセントや抑揚がつけられなかったり、 マイクへの声の通り方、声の付け方、ピッチのズレを指摘されています。実際にSKY-HIからも

SKY-HI「ピッチがちょっと安定する時間が短かった」

とも言われています。

突出しない存在感

 レオは何もかもオールマイティにできるからこそ、ジュノンやレイのような歌唱力や、ソウタのダンスのスキル、ルイの表現力といった突出したスキルがないことは懸念されます。実際にSKY-HIからも

SKY-HI「存在感が薄くなってきているのは確か」

と言われていましたね。また2回目の合宿中には

SKY-HI「楽曲の意識や意図を汲み取って自分のメッセージや主張にして楽曲に落とし込んでいって欲しい」

と言われていました!

そして、オーディション番組THE FIRSTが終わりましたが、なんとHuluでは
・8月20日、27日→未公開シーン独占配信
・9月→BE:FIRSTデビューまでの動向を独占配信!

となっています!
最初の2週間は無料なので是非↓から登録!

*BE FIRST(ビーファースト)メンバー人気ランキングはこちら!

ソウタが合格した理由は↓から!

*BE:FIRSTメンバーの全SNSはこちら↓

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました