スポンサーリンク

【 six feet under の意味】ネイティブが使う日常英語!

未分類

「six feet under 」

「死んだ、死んでいる」

という意味の詩的表現だと覚えましょう。

 さっそく例文を見てみましょう!

発音がネイティブレベルになるオススメ教本↓

スポンサーリンク

例文

① He was already six feet under.
「彼は既に死んでるよ。」

② I think I tried this hundred times
  but I’m still here six feet under.
「どうあがいても俺は6フィート下に埋められたまま(生き埋め状態)
(*好きなバンドcoldrainのsix feet under という楽曲の歌詞です。)

③Our love is six feet under.
 I can’t help but wonder if our grave is watered by the rain.
 Would roses bloom?
 「私たちの愛はもう終わり。わかってる。
  だけど、もし私たちの愛の墓に雨が降り注いだら、薔薇の花は咲くのかなって考えてしまうの。
(*好きな歌手、Billie Eilish の six feet under という楽曲の歌詞です。)

④Everyone celebrated when the dictator was finally six feet under.
「その独裁者がついに死んだ時、皆は盛大に喜んだ。」

スポンサーリンク

由来

six feet under

を直訳すると6フィート下という意味になります。
実は死体を埋めるための穴の深さが6フィート下とされていることからこの意味が来ています。
由来を知ると意味も覚えやすくなるので、合わせてチェックしておきましょう♪

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめに入ります。今回の英語フレーズは

「six feet under」
死んだ、死んでいる」

というニュアンスの意味でした。

↓おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました