スポンサーリンク

【呪術廻戦】REMEMBERの歌詞(和訳)の意味を徹底解説!24話挿入歌はcoldrainらしさ全開!

マンガ・アニメ

TVアニメ呪術廻戦24話『共犯』の虎杖&釘崎vs血塗&壊相の戦闘シーンで流れていた挿入歌(BGM)「REMEMBER」(リメンバー)の歌詞の意味や和訳など含めて徹底解説します!

第18巻19巻は初のグッズ付き同梱版!
限定予約生産で受注締め切りは8月6日!
予約してない方は今すぐ↓からチェック!

アクリルスタンドカレンダー付き18巻↓

渋谷事変にて秘匿された物品と現場写真付き19巻

スポンサーリンク

概要

TVアニメ『呪術廻戦』24話挿入歌「REMEMBER」リリックビデオ(セリフ・SE無しアニメ映像)

↑ちなみにYouTube上では呪術廻戦24話で使われた部分のみリリックビデオとして公開されているのでチェックしてくださいね!作曲・編曲は堤博明さんVo(ボーカル)と作詞は日本を代表するラウドロックバンドcoldrainのMasatoさんが担当されています!(Masatoさんもアニメ放送後にツイートされていました!)

また、オリジナル・サウンドトラックには未公開フルバージョンが収録されているので、気になる方は↓からチェックしてください!

スポンサーリンク

歌詞に込めた想い

作詞を担当されたMasatoさんがツイートされた内容を見ると、やはり歌詞はアニメ呪術廻戦24話の虎杖&釘崎vs 血塗&壊相 のシーンをイメージされたものだとわかりますね!歌詞全体からは虎杖悠仁や釘崎野薔薇の強い覚悟や想いも感じられます!(筆者の憶測ですw)

また、アニメ監督の朴性厚(パクソンフ)さんとMasatoさんの対談では、Masatoさんは以下のように語っています!

年齢を重ねるごとに悪役にも共感できる部分も増えていって。今回のバトルシーンで流れる楽曲も敵味方とかではなく、両方の気持ちを表現できるようにして、必ずしも虎杖・釘崎側だけの歌詞にはならないように意識しました。

朴性厚×Masato 対談(from 呪術廻戦オリジナルサウンドトラック)

このことからも、この楽曲の歌詞は敵の血塗(けちず)や壊相(えそう)の想いも表現されていることがわかりますね!こういう作品の作られた背景を知ることができると、作品に対する解釈も色々できるので嬉しいです!

朴性厚(パクソンフ)さんとMasatoさんの対談内容が気になる方は、是非『呪術廻戦』のオリジナルサウンドトラックを↓からチェックしてくださいね!歌詞カードに掲載されていますよ!

スポンサーリンク

歌詞全文解説(英語詞 ・和訳)

曲名『REMEBER』(リメンバー)は直訳すると『覚える、思い出す』という意味ですが、歌詞全体の意味や呪術廻戦の雰囲気も考えて意訳すると『心に刻め!記憶に刻め!絶対に忘れるな!』という強いニュアンスの方が合っていると思います。ここからは歌詞全文を英語詞、和訳と共に順番を追って解説していきたいと思います!

always remember always remember

人生の戦場で確率は俺たちの味方ではない
all odds against us this life is a battle ground

呪いを受け入れて暗闇で生きるか、心亡き者と戦うかどっちを選ぶ?
blessing the curse will you live in darkness or fight the heartless

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞では呪術廻戦の戦いにおける厳しさが伝わってきますね。命をかけた戦いに確率論なんてないし、どうなるのかもわからない。ただ呪霊たちの存在を受け入れて陰で生きるか、無情に殺してくる相手と戦うかどちらかを選ぶだけ。もちろん後者だろ?という戦いにおける呪術廻戦のキャラたちの覚悟も伝わってきます。

どん底まで落ちて全ての感覚が鈍ったとしても
down in the gutter my senses start failing now

混沌の中からお前を必ず探し出す
through all the clutter I’ll find you because I know

俺たちは共に歩む運命なのだから忘れるな
no matter what we’re together remember

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞では、どんなことがあっても仲間は助けるという呪術廻戦のキャラたちの想いが伝わってきますね。実際にこの曲が流れた呪術廻戦24話では、虎杖悠仁が釘崎野薔薇を抱きかかえて敵から逃げる様子もありました。 死ぬときは二人一緒、ピンチの仲間は必ず助けるという仲間想いなキャラたちも良いですよね!

地獄から這い上がった 今こそ心高鳴る新たな始まり
to hell and back We’re starting over from the heart

頭を上げろ、決して下を向くな
(don’t look down, keep looking up)

もう誰も俺たちを止めることはできない この意思を壊すことはできない
no one can stop us anymore nothing could ever break our will

地獄から這い上がって 打ち崩されることなく戦い続けよう
to hell and back we’ll fight and never fall apart

兄弟、戦友よ、立ち上がれ
to all my brothers and my sisters in arms rise

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞では、窮地から脱したキャラたちが『勝負はこれからだ!』と敵に反撃をする様子が表わされていますね。実際この部分が流れる瞬間は、アニメ24話で敵の壊相が虎杖や釘崎たちにかけていた呪いの術式を解いた瞬間です。呪いが解けて二人が本領発揮できるようになった様子に凄く合った歌詞だと思います!

待ち侘びた時がきた 嵐を呼ぶ時だ
this is our time the moment we’ve waited for this is our time to call the storm

待ち侘びた時がきた 嵐を呼ぶ時だ
this is the time we’ve waited for this is the time to let them know

俺たちは最後までここに立つ 俺たちが最後までここを守り抜く
we’re here to stay indefinite we’re here to stay to defend

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞では、キャラたちが『勝つのは俺たちだ!』と勝利宣言している様子が表わされていますね。実際この部分が流れる瞬間は、虎杖と釘崎がそれぞれ同時に壊相(えそう)血塗(けちず) に黒閃(こくせん)を打つ瞬間です。この 黒閃(こくせん) が勝負を決めたと言っても過言でないので、勝利宣言をするような歌詞は凄く合っていると思います!

善とか悪じゃない 正しいとか間違ってるとかじゃないんだ
it’s not right or wrong it’s not right or wrong

この争いに勝者などいない
here in this war nobody wins in the end

誰が明日を迎えることができるかだけだ
we fight to breathe for another day

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞では、呪霊(受肉体、受胎九相図)や呪術師どちらが正しい間違いとかはなく、ただただ生きるために目の前にいる敵を倒す、という虎杖と釘崎二人の想いや覚悟が存分に伝わってくる歌詞ですよね! 確かに今思えば呪霊は元々人間の負の感情から生まれているので、悪いものというよりも天災みたいな感じですよね(笑)

善とか悪じゃない 正しいとか間違ってるとかじゃないんだ
it’s not right or wrong it’s not right or wrong

この争いで俺たちは知るだろう
here in this war we’re gonna find in the end

生きたいと思う気持ち、死という恐怖は皆同じであるということを
the will to survive fear to die come the same

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞では、弟の血塗(けちず)を殺されて涙を流した壊相(えそう)を見た虎杖の想いや壊相を殺した際に虎杖が呟いた『ごめん』『痛ってぇ・・』という言葉の切ない真意が見事に表現されていると思いました!呪霊側にも生への執念や死への恐怖、仲間への想いがあるということですね!

善とか悪じゃない 正しいとか間違ってるとかじゃないんだ
it’s not right or wrong it’s not right or wrong

この争いに勝者などいない
here in this war nobody wins in the end

善とか悪じゃない 正しいとか間違ってるとかじゃないんだ
it’s not right or wrong it’s not right or wrong

この争いで俺たちは知るだろう
here in this war we’re gonna find in the end

生きたいと思う気持ち、死という恐怖は皆同じであるということを
the will to survive fear to die come the same

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

この部分は繰り替えしの部分です。この部分を繰り返していることからも、この歌が虎杖や釘崎だけでなく血塗(けちず)や壊相(えそう)の想いもくみ取っていることがわかりますよね!敵だけど敵側にも事情があって、恐怖や生への執着があることが見事に表されています!

全ての感覚が鈍ってきて諦めそうになった時
senses started failing but I know you will be there if I let go

何があっても共に歩むという約束を思い出してくれ
no matter what we said we’d be together
so promise me you’ll always remember

『REMEMBER』(from呪術廻戦オリジナルサウンドトラック) 作曲・編曲:堤博明 作詞・ボーカル:Masato(coldrain)

こちらの歌詞からは、どんなことがあっても一緒にいるというキャラたちの仲間を想う気持ちが伝わってきました!死ぬときは必ず一緒、だから一人では死なないでくれという想いですね。特に伏黒恵は自分を犠牲にしてでも相手を倒す最終奥義(ほぼ自爆の調伏儀式)、『布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)』と唱えて『八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)』を出そうとしがちなので該当すると思います(笑)

スポンサーリンク

まとめ

TVアニメ『呪術廻戦』24話挿入歌「REMEMBER」のフルバージョンも収録されている『呪術廻戦オリジナル・サウンドトラック』をまだゲットしていない方は是非チェックしてみてくださいね!

また、 Vo(ボーカル)と作詞を担当されたMasatoさんが活動する日本を代表するラウドロックバンドcoldrainの楽曲も、凄くかっこ良いので是非チェックしてみてくださいね!

coldrain – FINAL DESTINATION (LIVE AT BLARE FEST.2020)

コメント

タイトルとURLをコピーしました